誰でも借りれるわけじゃない、一緒にキャッシングについて学ぼう!

条件その1、過去の信用情報が大切

急な怪我や発熱などで急な出費が発生した場合お金に困りますよね。そのような時に力になるのがクレジットカード会社や消費者金融が提供しているキャッシングのサービスです。しかし誰でもこちらのサービスを受けれる訳ではありません。金融機関はきちんと返済してもらえるかどうかを審査しますが、その際には信用情報登録機関から定期される情報を重要視しています。そこには過去の支払い履歴や申し込み履歴が記載されています。その中で支払の遅れに関する情報が複数あったり、連続申し込みの履歴があると金融機関としてはきちんと支払いしてもらえないと判断される可能性が高くなります。過去に支払いを数回遅れさせたり、クレジットカードの連続申し込みをした場合には見合わせた方が良いです。

条件その2、勤務先の情報も大切

金融機関は申請者個人の情報だけでなく、勤務先の情報も審査しています。その理由ですが、いくら申請者が誠実な人でも勤務先が倒産してしまったら、貸付したお金が不良債権になる可能性が高くなるからです。一般的には公務員や上場企業だと審査に通過しやすく、小さな企業や自営業やプロスポーツ選手だと通過しにくく、特に自営業やプロスポーツ選手だとその傾向は顕著になります。その理由ですが、自営業やプロスポーツ選手な収入が安定していないと判断するからです。その場合の申請者個人でできる対処法ですが、市役所などが発行する税金の納付証明書や、所得証明書などを発行すると、金融機関は過去数年間の所得が分かるので、審査に通過する可能性が非常に高くなります。